ダーク・エンジェル

   2015/01/24Hulu 海外ドラマ

ダーク・エンジェル

このお話は2000年から2002年まで放映された、全2シーズンのテレビドラマです。

製作総指揮はチャールズ・H・イグリーとジェームズ・キャメロン
で、テレビ至上最大の費用をかけた近未来SFアクション作品で、FOXの歴代一位の視聴率を取った作品でもあります。

特殊能力を持つ新人類ジェネリックの戦いを描いた秀作

時は2009年が、政府によって遺伝子操作によって極秘に作り出されたジェネティック達は、極秘施設(マンティコア)で最強の戦闘マシンとなるべく訓練されていたのですが、施設から脱走を試み、12人の子供達が脱走に成功します。

その中の一人、特殊能力をもつ人間「ジェネティック」の一人である、マックス・ゲバラ(ジェシカ・アルバ)が主人公です。

10年後19歳に成長したマックスは、仲間の安否が分からず、普段は自転車で宅配の仕事をしながら、仲間と、脱走したときに助けてくれた女性をを探し続けていました。

2019年の世界は、電磁波爆弾によって、金融市場が崩壊し、極端に治安が悪化したスラムのような世界

汚職が蔓延し、一部の特権階級だけが私服を肥やせるように操作された情報しか流れないテレビに、資産家のジャーナリスト、ローガン・ケイル(マイケル・ウェザー)が時折、政府の悪事を暴くために電波ジャックをして正しい情報を流していました。

ローガンは特殊能力を持つマックスに巨悪と戦うための協力を依頼し、マックスは仲間を探す情報提供を得るためにタッグを組むことになります

非常に良い作品でありながら、非常に残念な作品

FOXで歴代一位の視聴率を取ったことでも分かるように、物語の設定、ストーリー、キャラクター、映像とどれをとっても、魅力的なSF作品に仕上がっています

強さと弱さを併せ持つ主人公のマックスはとても女性の雪華からみても、とってもカッコいい♪

ただ、これだけ面白い作品が、たった2シーズンで終わっているのはそれだけの理由があるんですね・・

実はシーズン2はアメリカ最大の悲劇といわれているテロ事件、9.11事件の直後に放映が始り、当初予定の放送内容から大幅な変更がなされたそうです。

それゆえ、視聴率は低迷し、作品自体打ち切りになっています。

なので、お話自体納得のいく終わり方ではないですし、アメリカのドラマではよくあるんですが、あれはどういうことだったの?と、???がいっぱい残ったままになってしまっています。

とても魅力的な作品だっただけに、非常に残念としか言えませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket