フリンジ FRINGE

   2015/01/24Hulu 海外ドラマ

no image

このドラマはLOSTなどの人気ドラマを数多く制作しているJ・J・エイブラムスが製作したドラマです。

2008年から2013年のファイナルシーズンまで、5シーズン製作されました。

ジャンルとしては、シリーズ全体から見るとSF作品というしかないと思いますが、見始めた当初は一瞬ホラーかと思うし、シーズン1の間はサイエンスサスペンスといった印象を持ちます。

マッドサイエンスが引き起こす怪事件から物語りは始る

物語は、ある航空機内で次々と人が溶けていくといった怪奇現象から始ります。

通常だと、機長まで溶けてしまったら、墜落するはずなんですが、自動操縦機能とやらで空港にちゃんと飛行機は到着します。

中にいた人たちの体は溶け落ちて、ほぼ白骨化しているような状態でした。

この物語の主人公はFBI捜査官のオリビア・アダム(アナ・トーヴ)で、並外れた行動力と記憶力を持つ聡明な女性です。

相棒でもあり、恋人でもあったジョン・スコット(マーク・バレー)は、捜査途中に同様の症状に犯され、なんとか低体温の昏睡状態のまま、わずかに命を保っているような状態に。

そんなジョンを何とか助けようと、オリビアは精神病院に17年間もの間収監されているマッドサイエンティストのウォルター・ビショップ(ジョン・ノーブル)と190のIQを持つウォルターの息子ピーター(ジョシュア・ジャクソン)を探し出しコンタクトを取り、協力を求めジョンの治療方法を探し出すのです。

シーズン1の一話目で既に、怪奇現象にはちゃんと理由があり、それがウォルター達、マッドサイエンティスト達が研究していたものに関係していることが分かってきます。

また、彼らの研究では死後6時間以内なら、死者の意識とコンタクトを取ることが出来るので、その手法を使って、昏睡状態のジョンとオリビアは意識の共有を行い犯人を見つけ出すことが出来、ジョンを解毒することに成功するんですが・・・・・この後に意外な展開が起こりジョンは死んでしまいます。

死んだ後のジョンも今後の捜査にヒントをくれる重要な存在となるんですねw

この怪現象は「パターン」と呼ばれていて、近年各地で様々な怪奇現象が頻発してることも、すべて関わりがあり、初っ端の人が溶けるシーンからどんどん、どうなるんだろうと視聴者の興味を引っ張られる作品です

シーズン1の最終話も同じように新たな展開があって、シーズン2以降は、シーズン1のように怪現象を捜査するというよりも、パラレルワールドが存在するSFチックな作品になっていきますw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket