GRIMM/グリム

   2015/01/24Hulu 海外ドラマ

GRIMM

ダークファンタジーと犯罪調査ドラマをミックスさせた良作

GRIMM/グリムをホラーだと書いてあるコラムもありますが、雪華的にはオカルト的な要素を感じないので、ホラーというよりダークファンタジーだと思っています。

主人公が、ポートランド警察署殺人課刑事でもあることから、魔物たちがかかわった事件を解決する犯罪調査ドラマでもあります。

犯罪調査系のドラマが好きな雪華にとって、見ごたえのあるドラマですね♪

魔物を見破る、主人公の特殊な能力

デヴィッド・C・ジュントーリ演じる主人公ニックは、グリムの末裔で、魔物たちは童話に出てくる、様々な種族です。

一話目は、グリム童話でも有名な「赤ずきん」をモチーフにしていて、このお話は決しておとぎ話ではなく、赤ずきんを襲う狼とされるウルフバッドという種族がいるんですね。

また、一話ごとに、モチーフとなる童話が変わりますよ♪

このウルフバッドと呼ばれる種族は赤い色に反応し、赤いパーカーを着た女の子を狙います。

ただ変化するといっても、その真の姿を見ることが出来るのはグリム一族のみで、200年の間、グリム一族と魔物達の戦いは密かに続いていました。

主人公のニックは、ある日町で見かけた金髪美人や、警察に捕まった男の顔が異形に変化するのを目にし始めます。

そんなおり、ニックの育ての親でもある叔母のマリーが現れ、ニックに真実を告げるのです。

さまざまな魔物たちもこの物語の魅力の一つ

こういう、魔物が出てくる物語の場合、魔物は悪のシンボルとして扱われることが多いのですが、このお話のなかの魔物たちは種族によって、または、固体によって、凶暴なもの善良なもの臆病なものが存在します。

特に善良なウルフバッドのモンローは、主人公のニックにとって、唯一正体を知りながらも助けてくれるありがたい存在です。

モンローとニックのやりとりも、ユニークで面白いですよw

海外ドラマファンだけでなく、ファンタジー系のお話が好きな人には是非みてもらいたい作品です。

ただし、ほんわかファンタジーではなくダークですけどw

米国ではまもなく、シーズン4が開始する予定で、日本では今のところシーズン2までDVDが販売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket