楽しく勉強、hulu英語字幕

   2014/08/29Hulu

no image

楽しく勉強が出来ちゃうHuluの英語字幕

日本人のほとんどの人は、中学校と高校の6年間、英語を学んで来たはずです。

なので、たいていの人は簡単な英語の読み書きができますし、意味もそれなりに分かると思うのですが、なぜか会話となるとなかなか流暢に話せないのが現実です。

雪華が思うに、先進国中、日本が一番英語が話せない民族ではないでしょうか?

雪華の周りでも、流暢に英語が話せる人は数年間の留学経験がある人ぐらいで、あとはみな、読み書きは出来てもたどたどしい数個の単語で手振り身振りを交えてなんとか簡単な会話が出来るといった程度です。

もちろん、雪華もほとんど英語は話せません><

聞き流すだけなんて英語教材が沢山あるように、まず話す為には聞き取る力が必要ですよね?

そんな時に便利なのがHuluの英語字幕なんです♪

大好きな映画で、英語のヒアリング能力を高められたら幸せですよね。

英語字幕で映画を見ていると、日本語字幕で見ていたときよりも、いい加減にしか聞き取れてないんだなって、ちょっと反省しちゃいますwww

たとえば、アナと雪の女王の「Let it go」も「レリゴー」としか聞こえないですよね?

字幕があれば、ああ「Let it go」って言ってるんだと分かるわけです。

ちょっと分かりやす過ぎた、たとえですけどwww

英語字幕と日本語字幕の違いも楽しんじゃいましょう

英語字幕なんかみないでも、日本語字幕と英語音声で聞けば勉強できるんじゃないの?とおもうかもしれませんが、日本語字幕って実際の翻訳とはちょっとちがってることもよくあるんです。

より作品にあったニュアンスを短い日本語で伝えるほうに重点を置いているので、聞こえてくる英語を直訳したものとは限らないわけです。

たとえば、往年の名作「カサブランカ」「君の瞳に乾杯」という、なんとも素敵な台詞があります。

映画を知らなくても、この台詞だけは知ってるって人も多いんじゃないでしょうか?

実はこの台詞、英語では「Here’s looking at you, kid.」なんです。

これが映画字幕の中でかなり有名な台詞(ぜんぜん直訳ではないけど雰囲気だしてる)なんですね。

この「kid」は子供というより「お嬢ちゃん」「可愛い子ちゃん」なので、「お嬢ちゃんを見つめて乾杯」または「君を見つめて乾杯、可愛い子ちゃん」のような意味になります。

翻訳はとっても素敵なんですけど、英語の勉強をするには、瞳はどこ??ってなっちゃいますよねw

日本語字幕や吹き替え版でみた映画やドラマを、もう一度字幕版でみると英語を勉強できるだけでなく、翻訳の楽しさも味わえちゃいますよ♪

よく劇場で字幕版の映画を見るときに、英語が分かる人と分からない人では、笑うタイミングがずれるといいます。

いつかは雪華も字幕を読まずに映画が見られるようになりたいなぁと思いますねぇ~なかなか無理だろうなぁ><

専門用語の勉強にもなるHuluの英語字幕

英語がほとんど話せない雪華の場合、日常会話や旅行に行った時に今より少しでも話せるようになればいいなと思っているんですが、すでにそれなりに日常会話は話せるっている人にもHuluの英語字幕は便利なんですよ♪

海外赴任を控えている人や医療を学んでいる人の場合、雪華達は知る必要もない専門用語が沢山あると思います。

もちろん、辞書なんかで調べることは出来ると思うんですが、ネイチャーな発音とか言葉の言い回しとか、辞書や参考書だけではわかりにくいですよね?

そういう専門用語も、社会派のドラマや医療ドラマで勉強することが出来るというわけです♪

英語字幕で見ることが出来る作品は、日本語字幕、英語字幕、字幕なしの三つから選ぶことが出来るので、必要に応じて切り替えると勉強しやすいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket