生存者たち Survivors

   2015/01/24Hulu 海外ドラマ

no image

今回雪華がご紹介する海外ドラマはイギリスの作品です。

なんでも1975年~1977年にイギリスで放映されたドラマのリメイク作品だそうです。

ストーリーは、突然大流行した新型ウィルスの感染により、人類の99%が死滅し、僅かに生き残った人たちの物語です。

メインキャストは6人、中心的な役割を果たすのは主婦のアビー、夫を亡くし生死がわからない息子を探しています。

刑務所から脱獄したトム、正義感が強い医者のアニャ、プレイボーイでお金持ちのアル、大企業に勤めていた頼りになるグレッグ、アメフト好きの少年ナジド。

この六人が一緒に旅を続け、さまざまな試練に合いながらも生き延びていくというお話です。
時には助け合い、時にはお互いを疑いながら物語りは進んでいきます。

中でも殺人さえいとわないトムは何をしでかすか分からないところがあるので、目が離せません!!

長寿番組が多い海外ドラマにしては短く、シーズン2までで、12話の作品なので見やすいですよ♪

凄い話数のドラマは、面白そうだなとおもっても、躊躇してしまうことがありますよね?

雪華も、このぐらいの話数ならと、気軽に見始めました。

特にサバイバルもののお話が結構好きなので、数日で一気に見てしまいましたw

ドラマを見ながら、家族も亡くし、知り合いもおらず一人だけ生き残ってアビーのように強く生きられるだろうかとか、時には戦いが起こる過酷な生存競争を生き残れるだろうかとか、色々考えてしまいました。

ドラマほどの致死率はないでしょうけれど、新型ウィルスでパンデミックが起こった例は過去にもなんどもありますものね。

無人になったスーパーマーケットから自分たちだけがよければと略奪を繰り返すグループ。

子供二人を家に閉じ込めるように隠れて暮らす父親。

寄り添うようにコロニーを作って助け合って暮らす人々。

巨大な倉庫を独り占めして生きようとする男。

極限状態だからこそ、その人の素養が現れてしまう、そんなドラマです。

ほとんど機能していない政府と、なぜこのウィルスが蔓延してしまったのか、物語はだんだん核心に迫っていきます。

ですが、海外ドラマの多くにみられるように、はっきりとした結末がないままの終焉となっています。

というか、ええぇ????

ここで、こんな所で終わるんですか~!!!と、叫ぶこと間違いなしww

視聴率が低迷して打ち切られたという話ですが、面白いのになぁ???

ともかく、ハラハラするサバイバルもの好きな人は一度見てくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket