THE MENTALIST メンタリスト 

   2016/03/17Hulu 海外ドラマ

the-mentalist

このドラマは2008年からはじまり現在も続いている、推理系の刑事ドラマです。

現在は、アメリカでシーズン6まで、日本ではシーズン5がスカパーやケーブルテレビで見ることが出来るスーパー!ドラマTVで放映されています。

Huluでは、シーズン3まで見ることが出来るので早く次のシーズンも放映して欲しいですね♪

なんでも「24」や「LOST」抜く、高い視聴者数を得ているとか。

この怪物ドラマの2作を抜いているほどの人気作だとは知らず見始めた雪華なんですが、見始めたとたん、このドラマ、かなり面白いんじゃない???と思っちゃいましたw

ある少女が殺害され、容疑者の少年が逮捕されたところからお話は始るので、ああまたアメリカのドラマに良くある、捜査系のドラマなのね・・・・

タイトルからすると心理学者か何かが解明していくんだろうなと、そう期待せずに見始めたんですよね。

ところがどっこいw怪物ドラマを越える人気が分かりました。文句なく、面白いですw

サイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンがセクシーで魅力的

主人公のメンタリスト、パトリック・ジェーンを演じているのは、映画俳優としても有名なサイモン・ベイカーです。

「プラダを着た悪魔」「レッド・プラネット」「マリー・アントワネットの首飾り」にもメインキャストとして出演しているので、名前だけでは顔が出てこなくても、映画好きな人なら顔をみれば、ああこの人って分かる俳優さんですよね♪

雪華は見ていないんですがAロメロ監督作品の「ランド・オブ・ザ・デッド」では主演を演じているそうです。

彼はこのドラマで、エミー賞やゴールデングローブ賞など数々の賞も獲得しています。

元偽者の霊能力者、現在は警察に協力する捜査コンサルタント

主人公パトリック・ジェーンは、人一倍強い洞察力を持つメンタリストで、その能力を生かし、以前は霊能力者だと偽ってテレビに出演するなどして大金を稼いでいた男。

そんな彼がその霊能力を連続殺人鬼レッド・ジョンの捜査協力していることを話したことで、彼の妻と子供がレッド・ジョンの犠牲者になってしまいます。

その後は、霊能者のふりをやめ、捜査コンサルタントとなり、様々な事件を持ち前の洞察力で犯罪者や被害者の心理を解き明かして解明していくのですが、いやいや、通常の手順に乗っ取った捜査とはちがい、かなり独善的で、勝手に立ち回っちゃう、破天荒なキャラクターなんですよねww

そのくせ、腕っ節は強くないし、警察官ではないので、拳銃で犯人を撃つわけでもなく、銃を向けられたら逃げるだけで、仲間が来て捕まえてもらうというスタンスです。

また、誰に対してもズケズケと物をいい、相手の心理の奥底をつくものだから、場の雰囲気を悪くすることも多いんですが、ちょっとしたいたずらをするなど、なんともチャーミングなので憎めないw

サイモン・ベイカーの魅力が、このドラマの魅力と言えるでしょう♪

上司である、上級捜査官のテレサ(ロビン・タニー)は、優秀で生真面目なクールビューティー、この二人のやりとりもいいですねぇw

脇を固めるチームメンバーのキンブル、ウェイン、グレースもそれぞれいい味を出しています。

スマイルマークを現場に残す、レッド・ジョンが不気味

このドラマの主流でもある殺人気のレッド・ジョンは、シーズン1の始まりの時点で既に12人も殺害している連続殺人犯です。

必ず殺人現場で一番目に付く場所に、被害者の血で描かれたスマイルマークを残すのが特徴。

高い頭脳をもち、度重なる犯行を犯しても犯人特定にいたる痕跡は残さず、性別も年齢もまったく不明な不気味な犯罪者です。

そんな凶悪犯を信奉する信者のような人たちもいて、そんな人たちをレッド・ジョンが犯行に利用したりします。

毎回のタイトルには必ず赤「LED」が入っているのもこのドラマの特徴ですね。

シリーズが進むごとに、タイトルを考えるの大変だろうなぁって、要らぬ心配をしてしまっていますw

とにもかくにも、天才メンタリストのパトリック・ジェーンと天才連続殺人鬼のレッド・ジョンが織り成す攻防戦から目が離せないドラマです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket