ツインピークス77444

   2015/01/24Hulu 海外ドラマ

ツインピークス

このお話は1990年から1991年にかけて放映されたテレビドラマで、1992年には映画化もされています。

製作総指揮はディヴィッド・リンチとマーク・フロスト

2シーズン、30話と、ロングヒットドラマが多いアメリカのドラマの中では短いとも言える作品ですが、世界各国で大ヒットし、社会現象まで巻き起こした有名なドラマです。

2シーズンとはなっていますが、物語は「ローラ・パーマー事件」「クーパーの危機」「ブラック・ロッジの秘密」の三部構成になっていてます。

ローラ・パーマー殺害から始る、不思議な物語

ワシントン州の架空の田舎町ツイン・ピークス。

ある日、ビニールに包まれた全裸女性の遺体が発見されることから、この物語は始ります

被害者は、この町では「学園の女王」言われ、誰からも愛されていた少女、ローラ・パーマー(シェリル・リー)

美人で、気立てがいい優等生。誰からも慕われている女の子。

誰がローラを殺したのか、事件の捜査をするために、フィラデルフィアからFBI捜査官のデイル・バーソロミュー・クーパー(カイル・マクラクラン)がツイン・ピークスにやってきます。

実質このドラマの主人公は、このクーパー捜査官となっています。

ブラックコーヒーと甘いドーナッツが大好物のクーパーは並外れた観察力を持つ優秀な捜査官ですが、夢や幻覚オカルト的な能力を信じていて、今回の事件も一年前におぼろげながら予感していたります。

物語の始まりは、殺人事件捜査ドラマ的なんですが、時空間が混沌としている不思議なレッドルームや、ホワイト・ロッジやブラック・ロッジといった超自然的な場所が存在する不思議な物語となっています。

登場人物も数多く、それぞれ皆何かしら問題を抱えているんですよね。

優等生だったはずのローラの実態やツインピークスに住む人々の複雑な関係

学園の女王だったローラですが、事件の捜査が進むにつれ、優等生だったはずなのにコカイン中毒で、複数の異性と関係を持っていたことなどが、分かってきます。

また、小さな町の中の暗い部分が描かれ、複雑に絡み合った人間関係が見えてきます。

このドラマ、雪華も日本放映が始ったと同時にWOWOWで見ていたんですが・・・・余りにも色んな要素がありすぎて、最後はわけがわからないまま終わっちゃったなという感じでしたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket